ミノキシジル M字

M字ハゲにミノキシジルが効かない理由・・・

前髪がM字状に後退していく通称M字ハゲ。

 

M字ハゲでお悩みの人の中には、ミノキシジルを主成分とする
リアップやロゲインの使用を検討している人がいると思います。

 

ですが、敢えて言っておきます。

 

 

ミノキシジルでM字ハゲは治りません

 

ミノキシジルでM字ハゲを克服することはできません

 

 

「え!?なんで!?」
「何故、ミノキシジルはM字ハゲには効かないの!?」

 

と疑問に思った人も多いことでしょう。

 

前髪がM字状に後退していく通称M字ハゲ。
M字ハゲは、実は典型的なAGA(男性型脱毛症)の症状なのです。

 

薄毛に悩む人であれば、「AGA」、「男性型脱毛症」
という言葉はどこかで聞いたことがあると思います。

 

M字ハゲは男性特有の症状です。
そして、M字ハゲはAGA、男性型脱毛症の症状なのです。

 

AGA、男性型脱毛症は男性ホルモンが原因です。
ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンが脱毛作用を働き、
薄毛が進行していく男性特有の症状なのです。

 

AGA、男性型脱毛症による薄毛の進行、ハゲ方は人それぞれですが、
その特徴的なハゲ方が

 

  • M字ハゲ
  • U字ハゲ、
  • 逆U字ハゲ
  • O字ハゲ
  • M+O字、U+O字、逆U+O字ハゲ

 

といったハゲ方なのです。

 

 

どういうハゲ方をするかは人それぞれです。
詳しく言うと、活性型男性ホルモンと結びつく男性ホルモンレセプター
(男性ホルモン受容体)が頭にどう分布しているかで決まります。

 

前髪だけが後退していく人もいますし、前髪は問題なくても
頭頂部だけが薄くなっていく人もいます。
前髪と頭頂部が同時に薄くなっていく人もいます。

 

ですが、

 

前髪がM字状に後退していくM字ハゲは、間違いなくAGA、男性型脱毛症の症状なのです。
男性ホルモンが原因で前髪が後ろに後退していくのです。

 

ミノキシジルは確かに優れた成分です。
血管を拡張、増幅し、血行を促進する作用があります。

 

ミノキシジルの効能は医学的にも証明されています。
ミノキシジルを主成分とする育毛剤リアップは、厚生労働省から発毛剤として認定されています。

 

ですが、

 

ミノキシジルはあくまでも頭皮の血行を促進する成分です。

 

頭皮の血行不良が原因による薄毛には効果はありますが、
男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はありません

 

AGA、男性型脱毛症の根本的な原因はジヒドロテストステロン
と呼ばれる活性型男性ホルモンです。

 

ジヒドロテストステロンの発生を抑えない限り、
AGA、男性型脱毛症を根本的に治すことはできないのです。

 

ミノキシジルがM字ハゲの根本的な解決にならないのは、
ミノキシジルは頭皮の血行を促進する効果はあっても、
ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果はないからです。

 

仮にミノキシジルを使用して前髪が増えたと思っても、
それは一時的なものにしか過ぎません。

 

M字ハゲで悩んでいるなら、ミノキシジルを主成分とする育毛剤ではなく、
ジヒドロテストステロンの発生を抑える育毛剤を使用しなければダメなのです。

 

ジヒドロテストステロンの発生を抑える育毛剤については、
当サイトのトップページで詳しく解説していますので、
本気でM字ハゲを治したい人は一度覗いてみて下さい。