ミノキシジル プロペシア

ミノキシジルとプロペシア、どちらを使用すべきか?

薄毛治療として処方される有名な薬がミノキシジルとプロペシア。
これから薄毛の治療を本格的に行おうと考えている人の中には、

 

 

「ミノキシジルとプロペシア、どっちを使用すべき!?」

 

 

と疑問に思っている人もいると思います。
まず、基本的な事として頭に入れておいてもらいたいのが、

 

 

ミノキシジルとプロペシアは効果効能が全く異なる

 

 

ということです。

 

ミノキシジルには頭皮に塗布するタイプのものと、
ミノキシジルタブレットに代表される飲むタイプのものがあります。

 

いずれも、ミノキシジルには血行を促進する効果があります。

 

ミノキシジルというのは、血管を増幅拡張させる効果があり、
血管が拡張されることによって血管を流れる血液量が増えるのです。
それによって血行の促進効果が得られるというわけです。

 

一方のプロペシアはミノキシジルとは全く効果効能が異なる薬です。

 

プロペシア5αリアクターゼと呼ばれる体内の酵素の働きを抑える薬です。
ミノキシジルのように血行を促進する効果はありません。

 

男性ホルモンが原因による脱毛症AGA。
AGA、男性型脱毛症の原因は、年齢と共に分泌量が増す男性ホルモンに起因しているのです。

 

男性ホルモンの主成分はテストステロンと呼ばれる善玉男性ホルモン。
これが体内で5αリアクターゼ酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンと呼ばれる
悪玉男性ホルモンへと還元されてしまいます。

 

ジヒドロテストステロンは体内で男性ホルモン受容体と結びつき、
脱毛作用を働きます。

 

AGA、男性型脱毛症の元凶はこのジヒドロテストステロンなのです。

 

プロペシアは5αリアクターゼ酵素の働きを抑え、
間接的にジヒドロテストステロンの発生を抑える効果があるのです。

 

 

  • 男性ホルモンによる脱毛作用を抑えるのがプロペシア
  • 頭皮の血行を促進するのがミノキシジル

 

 

いずれもAGAの治療薬として有名な薬ですが、
服用することによって得られる効果効能は全く異なります。

 

AGAの治療薬として有名なミノキシジルとプロペシアですが、
服用にあたってはいずれも副作用があることを憶えておかなければなりません。

 

ミノキシジルは頭皮のかゆみやかぶれといった副作用があります。
プロペシアは肝機能障害や男性機能障害といった副作用があります。

 

長期にわたって使用を続ければ確実に人体にとって悪い影響があるのは否めません。

 

コチラでも詳しく紹介しているとおり、副作用の心配なく安心して続けるには
ミノキシジルやプロペシアといった薬ではなく、チャップアップがオススメです。

 

ミノキシジルと同様の血行促進作用があり、
プロペシアと同等のジヒドロテストステロン抑制効果がある、
これがチャップアップの特徴です。

 

育毛剤チャップアップだけでもそれなりの効果を得ることができますが、
同時に発売されているチャップアップサプリを使用すればさらに高い効果を得ることができます。